最新ニュース

ニュース一覧

2109.3.31
ポツンと一軒家
日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?
1枚の衛星写真から、どのような人がどんな暮らしをしているのかに思いを巡らせるのは、MCの所ジョージと、常々「田舎には絶対に住めない」と話すパネラーの林修。日本各地にあるポツンと建つ一軒家の捜索道中で出会った地元の人々との温かな交流、そして一軒家で暮らす人々の生活ぶりから見えてきた深みある人生ドラマもまた必見。
2024.2.2
プライムサロン
プライムニュースのスピンオフ番組。
長野美郷キャスターが得意のピアノでゲストをお迎えし、素顔に迫る!
■プライムニュースでおなじみロシアなど軍事・安全保障の専門家 小泉悠氏の生い立ちから実は愛猫家という知られざるプライベートまでその素顔に迫ります。
■“ごはんですよ”でおなじみ桃屋小出社長に聞くヒット商品の裏側
2024.1.17
コンテナ全部開けちゃいました!~仙台港編~
コンテナを開ければ日本が、そして世界が見えてくる!
目にしたことはあっても、中身を見たことがない、そんなコンテナの積み荷を見れば、
国内産業の知られざる実態や、世界との意外な関係がわかります。
現代の物流を支える「コンテナ」をテーマに送る、新感覚物流バラエティー。
今回の舞台は、東北の流通のかなめ、仙台港。
仙台のコンテナも、東北の名産品ゆかりの品物や、誰もがお世話になっているアレなど、驚きの連続です!
2024.1.16
世界!オモシロ学者のスゴ動画祭7
世界中の学者たちが所蔵する「スゴ動画」の数々!
一体何のために?不思議な実験や生き物の知られざる生態などマニアックな解説とともに登場。


常識を疑い35万回も○○を繰り返した教授の執念。
水ではなく“声が降り注ぐシャワー”に劇団ひとり、デレデレが止まらず。
一瞬で咲く“氷の花”の不思議な世界や、人の顔が○○に見える錯覚映像。
そして絶体絶命のナマケモノが見せた驚きの逆襲とは!?
さらにパンサー尾形には工学博士からの挑戦状が…。真剣だからこそ爆笑必至の「学者たちのスゴ動画祭」第7弾!
2024.1.5
アルフレッサPresents 名医に聞きたい!!健康の話
健康情報に詳しい生島ヒロシと著名な心臓外科医・天野篤先生(順天堂大学特任教授)が、
軽快なトークで「今だから、聞きたい!」健康の話を伝える番組。
コロナを経験し、より一層健康への意識が高まっている今、具体的かつ実践的な健康話を展開。
番組中に披露する生島ヒロシと天野先生の<独自健康法>も必見!毎回、季節ごとに知りたいテーマで健康情報をお伝えしていく。
2023.9.24
超スゴ!自衛隊の裏側ぜ~んぶ見せちゃいます!初公開連発SP
最新ブルーインパルス!神ワザ大連発&6万人が大熱狂!航空祭の裏側にTV初密着
5年交渉…素材も消去!ここでしか見られない禁断!航海中の潜水艦内部にTV初潜入
2023.8.22
名将たちの勝負メシ
ネプチューンの3人が、まさかの歴史料理番組に挑戦!
歴史に名を刻んだ名将や偉人は、一体どんな料理を食べていたのか?
この番組はネプチューンの3人が専門家と一緒に、その料理を再現。
料理を通じて、古今東西の名将や偉人の生き方や哲学などを探っていく。
番組ではネプチューン3人が兵士に扮したコントも披露。
笑いあり、おいしさあり、うんちくありの新感覚★歴史料理バラエティ、お楽しみに!
2023.8.21
コンテナ全部開けちゃいました!~神戸港編~
コンテナを開ければ日本が、そして世界が見えてくる!
港で見たことはあっても、中身を見たことはない、そんなコンテナの積み荷を見れば、日本の産業の知られざる実態や、世界との意外な関係が見えてきます。
現代の物流を支える「コンテナ」をテーマにお届けする、新感覚物流バラエティー。
舞台は日本を代表する国際貿易の拠点で、異国情緒豊かな神戸港。開けてみたコンテナの中身は、驚きの連続です!
2023.8.19
この歴史、おいくら? 秀吉の天下取りを支えた男 黒田官兵衛
歴史に名を残す人々の運命の瞬間。
今もなお語り継がれている日本史のさまざまな出来事と切っても切り離せないもの、それは“お金”。
芸能界きっての日本史好き原田泰造が、歴史が動いた現場を巡り、気になる日本史のお金事情を学ぶ。
今回訪れるのは兵庫県姫路市。姫路城で生まれ、後に城主ともなった黒田官兵衛の人生にスポットをあて、その歴史を紐解いていく。
織田信長や豊臣秀吉とも深い縁があり、「本能寺の変」の際には秀吉に天下取りの好機を進言したともいわれる官兵衛。戦いの才能に長け、秀吉の天下統一に大きな貢献を果たした。
そんな官兵衛が御着城主小寺政職に仕えることになった頃の年棒はおおよそおいくらだったのか。
播磨平定の功績で秀吉が与えた領土は金額に換算するとおいくらだったのか。
それらの「おいくら」事情を探り、歴史に大きな影響を与えたお金の動きに迫る!
2023.7.16
小谷真生子の地球大調査~SDGs・ESGが変えるミライ~
「人にも地球にも優しい「脱炭素」は可能か!?」

脱炭素に向けた動きが世界で加速しています。150を超える国と地域が2050年などに年限を区切ってカーボンニュートラルの実現を表明し、脱炭素に関する国際的なルールが次々に作られています。
また金融面でも、ESG(環境・社会・統治)を掲げた投資が拡大を続け、企業は気候変動対策をはじめとする様々な取り組みについて、情報開示を求められています。

しかし…。「脱炭素」は必ずしも世界の潮流ではありません。
米国のバイデン政権はEV=電気自動車の普及促進など脱炭素に熱心ですが、相対する共和党陣営は脱炭素無用論を唱えています。
世界地図上で俯瞰しても欧米は脱炭素に前向き、途上国は後ろ向きです。

私たちはミライに向けて何を選択すべきなのでしょうか…。「脱炭素」に取り組む人々の姿を取材しつつ、賛否ある脱炭素について、改めて、冷静かつ公平に、その意義や必要性について考えます。
また、日本の企業がESGに取り組む意義についても、社会や投資家の視点から考えます。