今から76年前、フィリピンの戦場で拾われた一冊の「よせ書き」。贈られた「近藤さん」とは、どんな人物だったのか。よせ書きの情報を頼りに、近藤さんをたどる物語。

太平洋戦争末期、日本軍とアメリカ軍による激しい戦闘が繰り広げられたフィリピン・ルソン島。その戦場で1人のアメリカ兵が日本兵のものと思われる「よせ書き」を拾った。職場の仲間から贈られた「よせ書き」には、見事なデッサンとともに激励の言葉が記されていた。しかし、そこには「近藤」という姓だけが書かれていて、誰のものかは分からなかった。よせ書きの情報を頼りに、近藤さんをたどる物語。
In the waning days of World War II, Japan and the US fought a fierce battle on the island of Luzon in the Philippines. In the aftermath, an American soldier picked up a Japanese soldier’s message book. It was a memento, full of words of encouragement and drawings by the soldier’s friends. However, it contained only his last name, Kondo, making it impossible to tell who it belonged to. Now, by using clues found within the book, we attempt to learn who Kondo was.