RECRUIT

ここには、「作る喜び」があります。
「作ることそのものの喜び」と、もうひとつ、
見てくれた人に「喜んでもらう喜び」です。
その喜びは、時に、何物にも代えがたい充足感で私たちを満たしてくれます。
ここには、「挑む感動」があります。
「作る喜び」を味わい尽くすために、
より困難で未知の「新たな創造に挑む感動」です。
その感動は、時に、全身が打ち震えるほどの高揚感で私たちを包み込んでくれます。
「作る喜び」と「挑む感動」を求めて…
さあ、次なる一歩を、一緒に。

INTERVIEW

先輩社員の声

×

制作本部

相澤 直人

AIZAWA NAOTO

ディレクター

人を感動させるのがテレビの醍醐味
フジテレビ「ハイ!ポール」 ディレクター:番組経歴「リアルスコープ」「ニュースザップ」「ハイ!ポール」他

Q:どうしてこの会社を選んだのですか
相澤:理由の一つは、自社制作の番組を持っていることです。制作する番組への関わり方には会社によって違いがあり、人材派遣のみの場合や番組の一部分のみの担当など形態はさまざまです。その中で、企画から番組完成までを自社で行う番組を持つ会社というのは、制作のノウハウが確立されており放送局からの信頼があると思いました。

Q:ADの仕事というのはどういうことするんですか
相澤: 番組制作に関するあらゆる補佐と仕込みを担当します。ロケ主体の番組であれば、取材先の仕込みから始まり、情報のリサーチ、ロケの補佐、ディレクターの編集作業の補佐、その他番組やロケ内容に応じた多様な仕事が発生してきます。番組ができるまでのあらゆる過程が、円滑に進むように気を配り、動く作業です。

Q:仕事場の雰囲気はどうですか
相澤:テレビ制作の現場の特徴は、笑うことが多いことだと思います。商社が売り上げや経営戦略について真剣に議論するのと同様に、テレビ制作の現場では「どうすればもっと面白いVTRができるか?」を、真剣に会議し試行錯誤します。人を楽しませるものを作るためには、作る側も楽しまなければいけません。

Q:この仕事ならではの醍醐味とはなんでしょうか
相澤:番組がたくさんの視聴者に見てもらえたときの嬉しさです。それは「視聴率」という形で私たちは知ることができます。一人でも多くの人を、笑わせたり感動させたりできたという実感はテレビ作りの醍醐味です。

Q:就活学生へのアドバイスをお願いします
相澤:エントリーシートの書き方や、面接の受け答えに悩むことは多いでしょうが、何においても自分の本心で向き合うことが内定への一番の近道だと思います。気持ちが伴っていない言葉は、相手には伝わりません。言葉が伝わらなければ、自分がどんな人間かを伝えることはできません。

×

制作本部

相澤 直人

フジテレビ「ハイ!ポール」
ディレクター

×

制作本部

中里 美紀

NAKAZATO MIKI

ディレクター

多くのジャンルの番組が自分の可能性を広げる
テレビ東京「母ちゃんに逢いたい」アシスタントディレクター:番組経歴「リアルスコープ」「キッチンが走る!」「Vメシ!JAPAN」他

Q:どうしてこの会社を選んだのですか
中里:テレビの仕事がしたい!その一心で就活をしました。大学では映像系の分野ではなかったので不利だと思っていましたが、ありのままの自分を受け入れてくれたのがこの会社です。好きな番組が制作されていたことはもちろん、多くのジャンルを手がけているので自分の可能性が広がり、様々なことに挑戦できると思い入社しました。

Q:ADの仕事というのはどういうことするんですか
中里:一言で表すと“何でも屋さん”です。その中でも多くを占めるのがリサーチという情報収集です。リサーチが基になって現場は動き出し、ロケハン、ロケ、収録、編集を経て放送に辿り着きます。この全ての工程をサポートします。時には弁当発注、時にはカメラを回し、時には現場で指示を出す。番組作りに必要不可欠な存在です。

Q:仕事場の雰囲気はどうですか
中里:各現場によって雰囲気は変わってきますが、共通しているのは温かい雰囲気です。わからないことを先輩に聞くと気さくに答えて教えてくれますし、上司も的確なアドバイスをくれます。また笑わない日はないというぐらい冗談やネタが転がっているのもこの会社ならではだと思います。

Q:この仕事ならではの醍醐味とはなんでしょうか
中里:貴重な体験ができる!これはこの仕事ならではです。取材で一般の方が入れないところに入ったり、漁船に乗って漁に出たり、絶景を堪能したり、消防車と救急車とレッカー車がスピード勝負をしているところを間近で目撃できるなど、普通では体験できないことが盛りだくさん!五感すべてで感じることができるのはたまりません。

Q:就活学生へのアドバイスをお願いします
中里:等身大の自分で挑むのがいいのかなと私は思います。飾ったところでしんどくなるのは自分自身です。不安もあると思いますが、未来の自分を想像しながら肩の力を抜いて、全力でぶつかってください。就活大変だと思いますが頑張ってください!

×

制作本部

中里 美紀

テレビ東京「母ちゃんに逢いたい」
アシスタントディレクター

×

制作本部

御供 聡史

MITOMO SATOSHI

ディレクター

未知の世界の色々な人との出会うことができる
特番担当アシスタントディレクター:番組経歴「ドラマ:BARレモン・ハート」「誰にもはなしてないんですが、実は…」「あの天才のその後…今を追跡してみました」他

Q:どうしてこの会社を選んだのですか
御供:最初は、「何となく作りたい番組をやっているから」という理由で志望して受けていました。他にもいくつか制作会社を受ける中で、NEXTEPは扱ってるジャンルが広く、他では味わえないような幅広い制作ができそうだと思ったのが決め手でした。
また、良い意味で「古き良き」感がなかったというか…直感的に「ちゃんとしてそうだな」って思ったのも大きかったですね。

Q:ADの仕事というのはどういうことするんですか
御供:ん~、「これがADの仕事です!」って表現しづらいです。全部です。全部(笑)。
ディレクターさんと一心同体になって、番組で扱えそうなネタ探しから、ロケが決まればロケ場所を探したり、交通手段確保したり、お弁当頼んだり、撮影が終われば編集に向けての準備、会議資料のコピーなどなど。番組づくりに関わるありとあらゆる下準備をしている感じですかね。

Q:仕事場の雰囲気はどうですか
御供:ロケや編集の時は、何日も一緒にいて、同じ喜びや苦労を味わうので強い仲間意識が自然と生まれます。困った時はみんな助けてくれます。
個性的な人ばかりなので、会社にいるだけでお腹いっぱいになります。

Q:この仕事ならではの醍醐味とはなんでしょうか
御供:普通の仕事だと、ある程度取引相手が決まっているんだと思いますが、この仕事だと取引先は無限にいて、色んな人と出会います。未知の世界に生きる人たちと出会って、その人の人生に少しでも触れることができるのはこの仕事の醍醐味の1つだと思います。

Q:就活学生へのアドバイスをお願いします
御供:大きな夢程言った者勝ちなのかなって思ってます。
今も、「こんなことがやりたい」っていうと先輩たちはどうやったらできるのか一緒に考えてくれます。
是非、やってみたいことはどんどんアピールして就活突き進んでみてください。
そっちのほうが後悔はないかと思うので。皆さんのご健闘を願っています!

×

制作本部

御供 聡史

テレビ東京 特番
アシスタントディレクター

新 卒 採 用
中 途 採 用
平成30年度採用の応募は締め切りました。
平成31年度採用については、決まり次第掲載いたします。
   現在中途採用の募集はしておりません

FAQ

??Q1

ADさんってどんな存在?最初は何をするのですか?

AD(アシスタント・ディレクター)とは、文字通りディレクターのアシスタント、補佐役として番組づくりのあらゆる事をサポートする立場です。 具体的には情報のリサーチや折衝ごと、収録準備から当日のフロア、仕上げ 編集等での雑務など、番組作りに欠かせない下支えの部分を担当します。 大事なのは指示された事をこなすだけではなく作品に積極的に加わり、何をすればよりよい作品づくりに役立つかを考えて動くこと。その姿勢が仕事のやりがいにつながりその先のディレクターやプロデューサーへの第一歩になります。

??Q2

どんな人が番組制作に向いていますか?

映像制作の世界には様々な番組、職種があるので「こういう人でないと制作に向かない」という答えはありません。 ただ番組制作は、人と会い、話を聞き、意思を伝えると言う共同作業になります。人とのコミュニケーションが苦手な人は苦労するかも知れません。 そして、どんな場面でも自分なりの面白さを見つけ出せる、幅広い「好奇心」を持てる人。それが番組や作品を生み出し続けるモチベーションにもなります。 迷っている人はどんな形でもいいから、この仕事の一端に関わってみることをお薦めします。何事もやってみないと分からないものです。

??Q3

NEXTEPという会社の特徴は?

一言で言えば、「関わっている番組・コンテンツの幅の広さ」です。 番組はバラエティ・情報番組、ドキュメンタリーや報道系の番組、ドラマ、教養系の番組など全てのジャンルを網羅しています。また番組以外の様々なコンテンツ、イベント演出などにも関わっています。 その多くが自分達の企画で主体的に動いていることも大きな特徴です。派遣等の形でなく、自らの意思で制作をすすめる集団であること、それがNEXTEPの基本姿勢です。

??Q4

初めから自分のやりたい番組につけるのですか?

NEXTEPは制作番組が多岐に渡るので「どうしてもこういう番組をやりたい」という希望が最初から100%かなうのが難しいこともあります。 ただ当社は毎年全社員と個々の面談を行い、本人の希望も検討した上での異動を実施しています。若い頃から出来るだけ多くの番組に携わってもらい、その中でやがてやりたい番組・仕事にすすんでいくことを考えています。 少しの回り道をする事があっても、いずれは自分の満足できる番組・作品づくりに携われるはずです。制作の仕事はどんな経験でも無駄と言う事はありません。

??Q5

どれ位でディレクターになれますか?

こればかりは、本人の努力次第です。 ADの仕事を通して「個人の裁量で責任ある仕事を任せられる」と周りの信頼を得れば、あるいは「発想や現場で出すアイディアが面白い」とクリエイティブな部分で光るものがあれば、入社した年からでも、徐々にディレクター的な仕事を任せられます。 また、社員には、常時さまざまな局・相手先の企画募集がかかりますが、入社1年目でも、自分で考えた企画が実現すれば(先輩ディレクターの手を借りながら)ディレクターとして関わってもらう事になります。 クリエイティブな仕事は全て同じですが、自分の才覚で道を切り開けば、年齢や経験年数にかかわらず、どんどん楽しい仕事ができるようになる。それこそがこの職種の魅力だと思ってください。