最新ニュース

ニュース一覧

2019.6.17
ポツンと一軒家
日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。そこには、どんな人物が、どんな理由で暮らしているのか!?
1枚の衛星写真から、どのような人がどんな暮らしをしているのかに思いを巡らせるのは、MCの所ジョージと、常々「田舎には絶対に住めない」と話すパネラーの林修。日本各地にあるポツンと建つ一軒家の捜索道中で出会った地元の人々との温かな交流、そして一軒家で暮らす人々の生活ぶりから見えてきた深みある人生ドラマもまた必見。
2019.6.9
~本気で楽しむ!大人の部活~
ホノルル駅伝2019
ハワイ州ホノルル市で開催される「HONOLULU EKIDEN & MUSIC 2019」は1チーム6名で参加する駅伝形式の大会。フルマラソンと同じ距離を他のランナーと分担して走ることができ、初心者でも参加しやすく、ハナウマ湾を望むオーシャンビューなど、走りながら絶景を楽しめのが魅力。
今回、大会に挑戦するのは「大人の部活」というコンセプトのもと集まったスポーツ好きの芸能人。走ることを通じて育まれる仲間同士の絆や目標に向かって努力を重なる姿を描く。本気で優勝を狙う彼らは、海外に屈強なランナーたちを前に、果たしてどんな走りをみせるのか!
2019.5.28
所さん!大変ですよ
社会の片隅で起きている 小さいけれど見過ごせない“事件”の数々 その、意外な真相をあぶり出す。
2019.5.26
ザ・ノンフィクション
黄昏れてフィリピン
~借金から逃れた脱出老人~
今回は、フィリピンで新たな人生をつかもうと日本を脱出した二人の男が主人公。
彼らは、それぞれ日本で結婚をし、子供を育て仕事に励んでいた普通の日本人だが、人生の歯車が狂った。
マナブさんは、マニラ郊外で底辺の仕事を続け、その日暮らしを送っている男。パートナーは、現地で知り合った31歳も若いフィリピン人妻。日本に残した一人息子の自殺を知り悲嘆にくれ、新たな家庭を築こうと必死にもがいていた。
だが、そこに事件が起きる。
サダオさんは偽装結婚でフィリピンに渡ったものの騙され、そのまま不法滞在を続けざるを得なくなった男。日給500円程度の貧困に喘ぎながら生活していた。そして、海を渡って10年、サダオさんに帰国のチャンスが巡ってきた…。
かつては幸せを夢見た日本人たちがフィリピンに賭ける残りの人生。異国の地で再挑戦を図る二人に、待ち受ける結末とは…?
2019.5.12
池上彰のニッポン先取り
今知っておきたい重大ニュース
池上彰が「国民が今のうちに知っておいた方がいい」ニュースを厳選し先取り解説!これであなたも新聞の見方が変わる!
2019.5.4
万年浪人生応援バラエティ
☆崖っぷちドリーマー
夢を叶えるため何度も何度も失敗している人たちに完全密着!なぜ挑戦し続けるのか?
なぜ失敗してしまったのか?大勝負の瞬間までを追うドキュメントバラエティ。

■婚活パーティ1000回以上…失敗続きのOL
■オーディションに落ち続けるモノマネ芸人
■難関受験に挑戦!東大3浪&医学部4浪
2019.4.30
きょうの料理は見た!
味の30年史
きょうの料理が平成に紹介したレシピは2万5千点。時代のニーズに応えたレシピを再現!さらに一日限りの夢のコラボ「料理の鉄人」が20分で晩ごはんに挑戦する企画も!
昭和32年に生まれた「きょうの料理」。これまでに1800名の講師が、4万点を超えるレシピを紹介してきた。家庭の味を支えてきた「きょうの料理」は、まさに時代の写し鏡。その歩みをたどれば平成時代の「食」のすべてが見えてくる!「時代を象徴した?“あの食”は今?」「あのブームのきっかけは?」 ―「きょうの料理」の向こう側に、「あしたの料理」はやってくる。30年間の食の進化を味わいつくす、2時間スペシャル。
2019.4.28
犯人はコイツだ!
生活の中に潜む悪いヤツを発見!
日常生活で発生する不満や悩みには、あまり知られていない意外な原因がある。 そんな原因を「真犯人」として追っていくと目からウロコの事実が浮き彫りに!

▼〇度のお湯を??すると風呂場のカビ解消?
▼??したタオルで部屋埃なくなる?
▼日焼け後??すると肌荒れ解消?
▼無線LANが切れる理由
▼加齢臭の犯人は耳の裏ではない
2019.4.26
金曜プレミアム
ウワサのお客さま
謎すぎるお客様を大調査!店員さんの間であだ名がつくほどウワサになっているお客様を探し出し、密着取材でその訳を深く掘り下げていく消費者密着バラエティー。
今回は“くら寿司”に出没する300皿食べる謎の双子、“ビックカメラ”に出没する家電界の神童、サービスエリアを影で操る謎の女帝、“セブン‐イレブン中毒”の大女優などを大調査!
2019.4.7
ザ・ノンフィクション
万引きランナーと呼ばれて
マラソンランナー・原裕美子、37歳。2005年名古屋国際女子マラソン優勝、2007年大阪国際女子マラソン優勝など、日本の女子マラソン界に彗星のように現れた期待の星だった。しかし382円相当のお菓子の万引きで逮捕、起訴され、その栄光は地に落ちた。
万引きによってすべてを失ったマラソンランナー、原裕美子。彼女が人生の再起をかけて走り続ける日々を追った。